-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20 2014

二次診療(抜歯)編

そしてそしてそして
数日後、先生から連絡いただき、細胞診の結果 異見細胞なし で下よとのことでまずは安心。
そして歯のオペの予約をし、
2月19日 歯のオペに。

朝、かのんは大好きな先生に会えてご機嫌(かのんにしてはめずらしい)
でもお部屋に入るとたくさんの学生さんと 歯科の先生。
かのん、ちょっとビビり気味?

麻酔のリスクもあるので 悪いとおもった歯全部抜きます、と説明され
ちょっとでもたくさん残りますようにと心の中で祈ります。
穴があいてないか見ながら 進めるそうです。
今日は夕方のお迎え。

夕方 お迎え。
左右の犬歯とその前後の歯で済んだようす。

さすがにかのんも切ない声でひんひん言っている。
こんな思いをさせてしまってほんとに申し訳ない。

かのんの場合 歯石はそこまでではないけど
でも歯石の量じゃないもんね。

鼻からくしゃみとともに血をだすので
全身血まみれ。その晩は震えていたし、翌日は顔が腫れて・・。
みてるこっちが切ない。

でも鼻が楽になるからね。もうちょっとだよ。

なんだかバタバタしたけど、まだまだ頑張ってもらわないとね。

ちなみに 岐大の先生、みなさんやさしくて丁寧で良かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。